たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

注意力!

今日、願書の提出に行った事は、ほのぼの日記の方に書きました。

そのときに不思議なことがありました。

学校の入り口には高校の生徒が立っていました。
「こんにちわ」「願書のうけつけはこちらです。」と誘導してくれています。

その前には大きな看板が置いてありました。
看板には左への矢印と右への矢印があり
左へいくと「特進コースの受付」
右へいくと「文理コース(他3コース)の受付」というような表示がありました。

娘はそれをみてするっと自分のコースへいきました。
もちろん、一緒に行った友達も「あとでね~」と分かれていきます。

会場で順番を待つ間、席をたってその場からでていく生徒が何人かいました。
どうやら、コースを間違えて入ってきてしまったようです。

受付を開始してしばらくして高校の先生が言いました。

「こちらは、○○コースの願書うけつけ会場です。△△コースの方は1階の方へ移動してください。」

そのことばを合図に何人の子が席を立ったでしょうか・・・


さらに、受付をする間、何人もが貼付する書類をはっていずに
受付の先生と中学校への電話確認にいきます。


それをみながら「どうしてみんなこんなに注意力がないんだろう」と思いました。

不思議ですね。
あんなに大きな看板があるのに・・

人の流れについていけばいいと考える子が多いんだなと思いました。

私はどちらかというと自分の目で確かめないと不安なほうです。
疑ってかかるわけではありませんが、間違えたら恥ずかしいという気持ちがあるのでしょう。

堂々としているというのとは違います。
開き直っているというのとも違います。

なんというか・・・「どうでもいいや」というか
間違えたからといって「あ~」と慌てるわけでもありません。

首をかしげながらひょうひょうと退出します。

その変な度胸に不安になりました。


今のこどもたちってなにかがおかしい・・
自分がミスをしても、自分がミスをしたと思わない。
まるで、回りの人のせいみたい・・

自己責任ということばを知らないみたい・・・

「あれをしなさい。」
「こうしなさい。」

指示をされないと動けない。

自由ということばは、放任のように感じますが
同時に「自己責任」が発生します。

自由にしても構わないけれど、そのあと起きたことに対しては自分で責任をとらないといけないこととか、人に迷惑をかけることはいけないとか・・・自由とともにセットになっている責任感があるからこそ、人は自由にして構わないのだと思います。

「自由」のあたえっぱなしや、指示のあたえすぎってこわいなと感じたひと時でした。


ここまで考えてしまうのも頭でっかちの私ならではですね・・・><;

これは私の個人的な考えです。
どうぞ、かる~く聞き流してくださいね。^^
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2006-01-18 19:58 | 一般ねた!

言葉の裏のメッセージ!!

前回、どういうわけか、裏メッセージにいたってしまったので
今回続きを書いてみたいと思います。

いつも、思いついたままを書いているので
最初に思ったことと違う結末に至る・・・ことが多いです。

ほんと・・・頭の中っておもしろい^^;


話がそれました・・・・><;

ことばを口にするとき、本当にそう思っているときと
実はそうは思っていないけれど一応言っているとき・・
何かしらの意図があってそう言っている時・・・

などいろいろなパターンがあると思います。

その中で、聞く側からすると、耳から聞こえる言葉よりも
相手が心の中で思っている裏のメッセージのほうがより強く感じるようです。

たとえば・・・・

だれかが表彰された場合・・・

Aさん「おめでとう!本当にあなたってすばらしいわ~」と言ったとします。

でも、心の中では「本当は、わたしが選ばれるはずだったのに・・」と思っていたとしたら
態度やしぐさ・・表情やことばのニュアンス・・・そういったもので裏のメッセージを感じてしまう。

「すばらしいわ~」がそのままに伝わってこないんですね。

ほめられた方も・・・「そんなこといって、思ってもいないくせに~~」と思いながら
握手でもするのですよね・・・

ちょっとこわい・・と思いながら・・わたしにも心当たりが・・・・^^;

陰口!これもそうですよね。
表面ではにこやかにしていて、でも影では・・・


よ~く考えると・・こわいこわい・・・^^;

こどもにもそうです。
「もう眠いのにいつになったら寝てくれるの?」と思いながら話すと
「早くねなさい」と
とげのある話し方になります。

こどもは裏のメッセージを受け取るときに、「あ~、こう思ってるんだな」なんて思いません。

「おかあさん、ぼくのこと嫌いなんだな・・」と思います。

だから、かまってもらおうとしてますますちょっかいを出してくる。

おかあさんは更にいらいらする・・・・

こんな図が見えてきます。


わたしはこういう話を聞いてからは思いを口にすることにしています。
割と・・そのまんまです^^;

いいのか悪いのかはおいておいて・・・
とりあえず、わたしはそうしているということで聞いてくださいね。^^


「おかあさん、今日はつかれていらいらしてるの。
だから、一緒に遊べない・・!
でも、ゆっくり眠ったらまた明日元気になると思うよ。」

すると大概・・「一緒にねる・・」と言ってくれました。^^;

いらいらしている原因や怒られる原因がちゃんとわかると
こどもも納得してくれることがあります。

大人としては言わないほうがいいかな?と思うこともありますが
それなら態度にも出さないほうがいいと思うんです。

なので、どうしても態度にでてしまうほど疲れているとき
いらいらしているとき、体調の悪いときは、はっきり教えてあげて欲しいと思います。

小さいうちは難しいですが、大きくなるにつれ
よ~くわかってくれるようになります。

大人同士も本音で付き合える人とつきあいたいですよね~!
それが一番しあわせなひと時です♪

とくに、家庭がそうでないとつらいものがあります。
本音を言い合える家庭!わたしの理想かもしれません。

これが・・・なかなか、難しいのです・・・・><;
言っているほど、うまくはできていません。^^;
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2006-01-15 22:49 | 一般ねた!

鼻っ柱の強い人!

人は違うからおもしろい。

いろんな人がいるからおもしろい。

もちろん、合わない人もいます。

でも、はじめからきらいだなと思う人にはあまり出会いません。


その中でも私は、「鼻っ柱の強そうな人」好きなんです。

こどもをみていても思うのですが、
鼻っ柱の強そうな子は、実は本当は気の弱い子なんです。

空元気というのか、空威張りというのか・・・
とにかく、やられるのがこわいから先に手を出しちゃう!というような子かもしれません。

自分から怒っておいて、相手が怒るからともっとヒートアップする。

心の中では「きらわれるかもしれない。」「きらわれたらやだ~」なんて
思っているのかもしれません。

おかあさん、おとうさんに叱られます。

逆に怒って泣く子がいます。
おとうさん、おかあさんを叩いて怒ります。

「なんで私のことをきらうの?やだ~、きらったらやだ~」でしょうか。

落ち着いたときにじっくり話すとよ~くわかります。

実はこわがりなんです。
おびえているだけなんです。

窮鼠猫をかむと言いますが、こどもも同じです。

実は心の弱い子ほどかみつきます。


逆にいえば、デリケートな子です。

傍目はそうは見えません。
いつも、強気で手が早いようにみえるのですから・・・


大人も同じなんです。

さきに喧嘩をふっかける人は、実は自分に自信がないのだと思います。
自分が言われないように、先回りしているようです。

なんだか、すごくかわいらしいと思いませんか?

私のまわり、そんな人がたくさんいます。

みんな仲のよい友達です。
もちろん、私にはかみつきません。^^

実は、心底やさしい友人ばかりです。

私みたいにニコニコしている人の方が
実は、こわいのかもしれませんよ^^


ことばは、ある一面しか表していません。

実は、裏のメッセージがかくされている場合があります。

その裏のメッセージが実は、一番重要です。

長くなりました。
次回、続きを書きますね^^
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2006-01-09 22:34 | 我が家ねた!

子育て術ぅって・・・なんだろう?

今更ですが、HP上でこういうページを作っておきながら
いろいろと考え始めています。

子育て術?

私は、同じ母として今まで経験してきたことを
それから、保育士として勉強してきたことを載せたいと思いました。

それが、悩めるお母さんたちのお役にたてればと考えたのです。

でも・・・なんだか間違っているような気がします。

こどもはみんなひとりひとりが違います。
親も違います。

ひとりとして同じ人間はいません。・・・よね^^

考え方が似ていてもやっぱり全て同じではありません。
コピーロボットじゃないんですから・・・

そう考えると・・・
私のひとりよがりだったかな~と思うんです。

このところ、子育て術ぅの更新が滞っていたのもそのあたりに理由があります。
(あ、ちょっと言い訳も入ってました・・・ごめんなさい・・・)

私はこうやってみたのよ。
私はそのとき、こうしてみたわ~!なんていう
情報交換ができれば本当は一番だと思うのですが
なかなか、ひとりのブログでは難しいですよね。

もっと、安心できる話!

育児書に頼らなくても、いや育児書の通りに育たなくても平気だよという
ことを伝えていけたらなと今は思っているんです。

でも、基本はありますよね。

こどもをありのまま認めるという事!
こどもの気持ちに共感するという事!

それ以外は・・・大体でいいような気がしてるんです。

よくわかりませんよね~~^^

いろんなお母さんがいます。
いろんなお父さんがいます。

そして、こどもたちはみなすくすくと社会人になります。

一部、難しい子がいるかもしれません。
自分の気持ちを隠してしまういい子がいるかもしれません。

それが回避できさえすれば、問題はないように思うんです。

これからは、もっとゆったりと・・・
大きな目で、進めていきたいなと思います。

しかし・・・そうするとこのページに書くことがなくなりますね・・・
ちょっと検討します。

また、新たなたぬき山になるように考えて見ます。

どうぞ、ゆっくり、のんびりお待ちください・・・・><;
よろしくお願いします。
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2006-01-07 21:38 | 我が家ねた!