たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

絵を描くということ!

たとえば、遠足へいった次の日に「さ、遠足の思い出を絵にしましょう~」と先生が言ったときのいや~な気分!!私は小さいとき、絵を描くのが大嫌いでした。

それは、絵を描かされていたからなのでしょうね。

行事ごとに絵を描く!他の子と比べられる!上手にかきたいけど描けない!!

そういう気持ちがどんどん絵筆を遠ざけるのだと思います。


ところが今は好んで絵を描きます♪
落書きですが、そういう絵は大好きなんです^^

保育園でもそういう子がいます。
絵を描こう!というと、白い画用紙をみつめたまま、少しも手を動かさない!

ところが、「さ、色遊びをしましょう~」なんて言って
赤・青・黄の3原色を並べ、「どんなすてきな色ができるかなぁ?」なんて言おうものなら
その子もどんどんすてきな色を作ります。

絵は、表現活動です。そのときの気持ちや気分、思いを表現したいときにどんぴしゃのタイミングで絵の具を渡すと、いつまでも書きなぐっています。

その絵は、ダイナミックで自信に満ちています♪

そういう絵を描き続けていたら、きっとこの子はず~っと絵が好きなんだろうなぁと思います。

つい、大人の感覚で「なんで人なのに足がないの?」とか「あれ?手は頭からでてる?」なんて言ってしまったり、「あなたは絵がへたね~」などということばが始めは表現活動だったはずの描画を難しいものにしてしまうようです。


私もよく「アンパンマン描いて」「おひめさま描いて」と言われますが、今は描きません。
(我が子が小さいときには描いていました。あとから知ったときに、あ~失敗したと思い、描くのをやめました。今、娘は絵を描くのが好きです♪)

私が上手にアンパンマンを描いてしまったら、その子は描かなくなるからです。

はじめは、なんとなく丸を描いて「アンパンマン」と見立てて遊びます。
しかし、そのうち、お母さんの方が上手だ!そういう風にかけない!と思ったら
「お母さん描いて!」になります。

そうしてどんどん描かなくなります。

上手に描くのが絵ではありません。どんなに小さい子が描いた絵でも「あら?すてきなお花ね。」とか「これは雲かな?」とか一緒に見立ててあげてください。

すると「うん!、雲!」なんてどんどん物語を紙に書いていきます。

雲に見えなくてもいいんです。
石ころや雲がいろんなものに見えるこどもの感性は段々となくなってしまうのですから!!!

特に、保育園、幼稚園時代のお絵かきは、絵を描くことで表現し、想像し、楽しむことが目的です。決して嫌いにさせてはいけないと思うんです。

保育園の子がみんなお絵かきが好きでいられますように~♪
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-08-30 17:39 | 保育園ねた!

すてきなおかあさん♪

保育園で仕事をしているといろいろなお母さん方にお会いします。

その中でもすてきなお母さんがたくさんいらっしゃるのですが、
今日は、外で垣間見たお母さんについて書いてみたいと思います♪

娘と一緒に今日は医者に行きました。
少し混んでいて、しばらく待合室にいたのですが・・・

ひとりのお母さんがまだ生後半年くらいのお子さんをだっこして待合室にきました。

そのお医者さんには、キッズコーナーというようなおもちゃの置いてある遊べる場所があります。

そこで、膝にあかちゃんを乗せながら、お母さんは絵本を読み始めました。

その語り口のなんとやわらかいこと・・・^^

あかちゃんをとてもいとおしく思っていること!がひしひしと伝わってきます。
そして、それを赤ちゃんもわかるのでしょう。

じっと、絵本を見ていたり、手をだして本を触ろうとしています。
そのたびにお母さんは、「これ?これはにんじん!」なんて言っています。

私は一緒にいた娘に・・・
「あんなに小さくても絵本をじーっと見るんだよね。やわらかい口調がいいんだね~!
お母さんの声と絵本とが少しずつ合っていくんだよ!!いいね~」と言いました。

そういうとき娘は必ず「私もああだった?」と聞きます!!

「みーちゃんも絵本大好きだったよ。」というとにこっと笑います。


その後、少しして、1歳くらいの男の子を連れたお母さんがきました。
その子は、キッズコーナーで遊びたそうでしたが、お母さんは根気よく話します。

「今、あそこに小さな赤ちゃんがいるでしょう。あなたはお咳がでているから、赤ちゃんに移しちゃうと困るの。だから、今日はここでご本読もうね~」と・・・・

1回ではわかりません。しばらく、だだをこねていました。

しかし、お母さんは動じません。
「今日は、だめなんだよ。お咳の出ないときにしようね!!」

そのうち、こどもはあきらめてお母さんのとなりにちょこんと座りました。


いつも、お母さんはそういう風に話しているのでしょう。

だから、1歳とはいえ、こどもはそれ以上だだをこねることなく、おかあさんの隣に座ることができたんだろうなぁ~~!と感心してしまいました。

すてきなおかあさんがたくさんいます。

ひどい事件もたくさんあるけれど、すてきなお母さんや子供のほうが圧倒的に多い!!

日本は大丈夫かも!!!^^

な~んて、大きなことを考えてしまったのでした。


いろいろな育児雑誌や参考書を読むといやになってしまうことがあります。
でも、現実はそんなに悪くありません。

今生きている人たちもみんな一生懸命です^^

今日のお天気のように、すっきりとした気持ちで医者から帰ってきたのでした。
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-08-19 22:56 | その他

思い通りにならないのがこどもです^^

常日頃、私たちが叱ってしまうとき、「なんでいう事を聞いてくれないの?」と思うとき
それは、思い通りにしたいと思っているからです。

こどもが思い通りにならないのは、みなさんご存知のことと思います。

私もここまでの子育てで十分に思い知りました。><;


そこで、対応策を考えてみました。(そんな大げさなものではないのですが・・・・><;)

乳児編!

乳児に関しては、対応策はありません。^^
泣いて、飲んで、眠って・・・が赤ちゃんの生活です。その中で
「おぎゃ~」と泣けば「はいはい!どうしたの?」なんて声を掛けてくれる人がいる。
その中で信頼関係と安心感を培うので、存分に欲求を満たしてあげていいと思います。

大人の都合で「寝て欲しい」「泣かないで」とストレスが溜まり始めたら
だんな様やおばあちゃんに預けて発散しましょう!!
(それが無理なら一時預かり制度もありますよ♪)

幼児編

2歳後半から3歳くらいになると、人の話がわかるようになります。
この時期からは、交渉が成立します!

<例1>
お母さんは帰って夕食の支度をしたいのに、こどもはまだ遊びたいと走り回っている。

この場合、お母さんの言い分は「早く帰ってご飯の支度をしないと、また眠るのが遅くなって、朝起きれないでしょう。家に帰ればすぐに、お腹空いた~って言うんだから」となりますね。

こどもの言い分は「だって、今鬼ごっこが楽しいんだもん。もっと遊びたいよ。」です。

そこで、声を荒げないで、話します。
「お母さんはお腹も空いてきたし、家でご飯が作りたいの。●●ちゃんももうすぐお腹がすくと思うよ。そのときに、ごはんが出来ていなかったらいやだと思うんだけど・・・・(ここまでが母の言い分)でも、●●ちゃんはまだ遊びたいのね。鬼ごっこが楽しいんだ。よく走れるようになったものね。(こどもの言い分ですね。)じゃ、どうする?(交渉ですww)」

こどもは「だって、まだ遊びたい」というでしょう。

お母さんは「そうだよね。楽しそうだものね。でも、お母さんはご飯つくりに帰りたいんだけど」

すると・・・
こども「じゃ、あと一回!やったら・・・」

お母さん「そう!じゃ、あと一回やったら帰ろうね。」


こどもが素直に交渉に応じてくれるのは、自分の意見を認めてもらったと感じたときか
怖くて逆らえないときだと思います。

こういう交渉術は、集団生活を送る上でとても大切なことです。

こうやって、やりたいことを言うんだ。と学んだこどもは、友達とも遊びの中のトラブルを話し合いで解決していくことができるようになります。

しかし、一見いう事を聞いているみたいでも、怖くて逆らえない場合には、交渉術を身につけているわけではないので、集団の中でもさまざまなトラブルを発生させます。

家ではおとなしいいい子で、外ではトラブルメーカーといわれる場合が多いです。

親子の関係は、一番初めの小集団です!!
この中での関係が段々大きくなる集団での生活の基盤となります。

こどものいう事を全部聞いてあげるのではなく、思い通りに動かすのではなく、
話し合って考えて譲り合うという交渉術をぜひ、教えてあげて欲しいと思います。

こどもは思い通りにはなりません。
もしも、思い通りになっていると感じたら、一度、自分の子育てを見直してみたほうがいいかもしれません。

思い通りになるこどもは、自分の欲求をすべて押し殺しているということになりますから、
その反動はなんらかの形ででてきます。

それよりも、うちの子はまったくいう事を聞かない!というほうが健全です♪
子育てでお手上げ状態のお母さん!安心してくださいね!!!

これから、じっくり交渉術、教えてあげてください♪


ただし、いう事を聞かないからといって放っておいたら放任!となります。
これも、まるで何も学びません。ただのわがままっ子になってしまいます!!

思い通りにならないのが普通なんだから放っておこう!これは間違いです!!

思い通りにならないのがこどもだというのを頭において、
ひとつひとつ交渉して家族のルールを決めていきましょう。ということなんです。

わかりずらいでしょうか???

思いついたことを羅列してしまいました・・・・
えっと・・・わかりずらかったり書き方がおかしかったら言ってくださいね・・・・・><;

<付け足し♪>
小学校中・高学年から中学生にかけて、難しい時期が訪れます。

遊びたい!帰らない!という単純な理由ではなくなってくるのです。
そうなると、こどもも言わない!ただ、いらいらしている・・・というようになります。

我が家は今、こういう時期です。非常に難しいです。

なので、お子さんが小さいうちに、親子の関係をよりよくしておく必要があるんです。
大きくなってからだと修復にものすごく時間がかかります。
先延ばしにしていると、手に負えなくなります。

脅かすわけではありませんが、こどもは思い通りにならないこと!
ぜひ、頭の片隅に入れておいて欲しいなと思って書きました。

交渉ができるようになると子育て生活も一気に楽になりますよ。
みなさん!ぜひ、チャレンジしてみてください~~♪
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-08-13 15:43 | 保育園ねた!

手作りおもちゃ♪

8月の20日に保育園でのイベント「サマーフェスティバル」があります。

ま、いってみればお祭りです。

盆踊りをしたり、お店がでたり、お化け屋敷があったり・・・・
近所の方にもきていただいて楽しむというものです。


この中で、私たちには手作りおもちゃひとり5個!というノルマがあります。

これは、来てくれたこどもたち(園児を含む)に、宝つりというゲームで釣って行って貰う景品となります。

毎年、「あ~~なににしよ・・・・」
と悩むのも事実ですが、実は結構楽しいんです。


今年は、紙工作にしてみました。


昨日、今日とせっせ、せっせと作っています。

一応、できたものは、くま、ぞうの張子!ばった、パトカーの紙工作!
の4点!!実は、最後のひとつに、カブトムシをと思っているのですが、
これが難しい・・・・今、考え直しているところです。><;><;


今年は、すべて色付けをせず、「好きな色に塗ってね。」というコメントをつけ
もらった子供たちが好きに色付けしてくれたらなぁと思っているんですが、
この張子!

厚紙で形をつくったものに、ノリで障子紙を貼るのですが・・・・

なんとも、楽しい♪

よくカウンセリング講座などでも言われました。

ノリ、粘土、泥遊びなどでは、退行現象がおきると!!

大人でもそうなのですから、こどもはもっとですよね。

今日のノリは、ボンドを水で薄めたものを使いました。

これが、なんともきもちいい~~~!!
どうせ、ボンドでべとべとになるので、はじめからゆびで塗ります。

思わず、腕に塗ってしまいたくなるほどの感触♪

「た~のしいな~~♪」とハミングしながら作業してました!!


こういう、感触のいいもので遊ぶと、とても五感を刺激し、集中できます。
五感を刺激することと同時に、創造し、表現します。

これが、とてもいいんでしょうね。

なんだか、大げさに言えばストレス発散したような、楽しい~~気分になりました。

(かといって、毎日作るのはいやですけどね・・・・・^^;)


どうぞ、たくさん感触遊びしてくださいね~~♪
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-08-07 22:26 | 保育園ねた!