たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

しっぱいしちゃったの実例編!

d0049912_21314875.gif
しっぱいしちゃったNO、2です♪

絵本を読む前の今朝のお話です。
(話がわからない人は、下のブログお読みくださいね~^^)

私は、今日、保育士の人数の関係であちこちの部屋を渡り歩いていました。
その中で、0歳児さんをお散歩用バギーに乗せている時の事

Oちゃんがやってきて「私も一緒にお散歩いきたいな」と言いました。
(その子は、4歳児の女の子でした。)

それまで砂場遊びをしていたので、はだしでした。
そこで、「じゃ、使っていたもの片付けて手と足洗っておいで、待ってるね」と声をかけました。

うれしそうに「うん!」といって砂場に戻っていきました。

そこで、事件勃発!!ww

「ちゃんと片付けてよね~~」「そうだよ!!使ったもの片付けなくちゃいけないんだよ~~」
という声が砂場の方から聞こえてきます。Oちゃんは、というと立ち尽くしてしまい、あっという間に泣き出しました。

「どうしたの?」と声をかけると
「だって、Oちゃん片付けないでお散歩行くって言うんだもん。早くかたづけてよ~」
Oちゃん「うわ~~ん!!」

私「Oちゃん、片付けにきたと思ったんだけど、まだ終わってなかったのかな?」
Aちゃん「まだだよ!ね~~」
Bちゃん「そうだよ!!早くしなよ~~~!!片付けないならもう外で遊ばないでよね~」

でも、Oちゃんは片付けたといいます。

私「お散歩一緒に行きたいのかな?」と聞いてみました。
すると
Bちゃん「そうだよ。お散歩行きたいよ。でも、Aちゃんがだめっていうんだもん。Oちゃんだけずるいよ。」

(なるほど・・・そういうことだったようです。あっさり、お散歩を選んだOちゃんがうらやましかったのですね・・・・)

するとAちゃん「Bちゃん、私と遊びたいって言ってたでしょう。」
Bちゃんは「うん・・・・・」

私「Aちゃんとも遊びたいし、お散歩にも行きたかったんだね。」というと
Bちゃんは「うん!」

そして、Aちゃんはというと、Oちゃんに行ってもらいたくなかったんですね。><;

私「じゃ、Oちゃんにそういえばよかったのかもね。もしも、AちゃんやBちゃんがお片づけ忘れちゃったら、なんて言ってもらいたい?」

ふたりとも「忘れないもん!!」

私「ふたりとも、忘れたり、しっぱいしちゃったことないの?」
(ここから絵本に話がつながりますwww)
(長い前ふりだ・・・・・><;)

ふたりとも「しっぱいなんてしないもん」

私「そうか!私はよくしっぱいしちゃうよ。だからそういう時は怒らないで教えて欲しいな。」

「どういう風に言えばいいのかふたりで考えておいてくれる?」と言い残し、その場を離れました。

すると、2,3分後に駆け寄ってきたふたり!!

「あのね、わかった!かたづけまだ終わってないからやろうよ!って言う!」とAちゃん

「かたづけまだ残ってるよ~って教えてあげるの。」とBちゃん!

私「すご~~~い!それならOちゃんはきっと泣かないで片付けられるね。よく考えられたね。」と褒めました。

すると、その後、お散歩から帰ってきたOちゃんにふたりは駆け寄り、「さっきはごめんね」と謝ったのです。

実際問題、Oちゃんはどちらかといえば飽きっぽい方で、すぐに遊びを移動してしまうところがあります。今回もそういう経過があってのこと!ふたりの気持ちもよくわかります。

でも、失敗した子に「いいんだよ。しっぱいしても!今度はできるかもしれないよ」と言ってあげられる子になって欲しいなと思うんです。難しいかなぁ~~~?><;><;
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-06-18 21:53 | 保育園ねた!

しっぱいしちゃったという絵本から・・

d0049912_214428.gif
「しっぱいしちゃった」という題名の絵本ご存知でしょうか。
私はこの絵本が好きで、今日保育園で読んできました。
(作者名忘れちゃった・・・><;・・・外国の方の本です)

今の子供たち、全能感!というのでしょうか・・・「私、間違えないもん」「失敗しないから」「ちゃんと片付けるもん」というせりふをよく聞きます。まるで、「間違えたらいけない。だから間違えない」「失敗したらいけない。だから失敗しない」というように聞こえます。

「失敗したら怒られる」とか「間違えたら笑われる」とかそう思っているのかな?と気になっていました。そこで、しっぱいしちゃった!の出番ですww

この絵本の中では、こぼしたり、割ったり、できなかったりということが次々とでてくるほか、お母さんやお父さんの失敗「怒らないようにしようと思ったのに怒っちゃったよ。」というようなフレーズもでてきて、なんとも親近感がわくんです。

そして、今日の昼食の時間!「しっぱいしちゃったの絵本のこと覚えてる?」と4歳児の女の子たちに聞いてみました。すると覚えてるとのこと!そこで、「しっぱいしたことある?」と聞きました。

すると
「ないよ!」との返事!!4人中3人の発言です。あとの一人は黙っています。
そこで、私は
「私はね~~!小学校の1年生くらいまで、おねしょしてたんだぁ」と言ってみました。

もちろん、子供たちは興味津々!!「え~~~大きいのに??」www
私「そうだよ!寒かったりするとおトイレ早く行きたくなるでしょう。それからスイカ食べすぎた日とか」

Aちゃん「寒いとさ、おトイレいきたくなるよね!!」

私「うん!そういうとき、しっぱいしちゃった~ってよく思ったよ。でも、そのうちしなくなった」

他の子も「ふぅん・・・・」

Bちゃん「私、夜あまり水飲まないようにしてるよ。ちゃんとおトイレにもいくし」

(この子は、最近おねしょをするとお母さんから聞いていました。相当気にしている様子がみえました・・・)

私「うちのこどももね!よく、しっぱいするよ。」

(ここからは、うちのこどもたちの失敗談をするつもりでした・・・・)

しかし
「え~~~~こどもはね!!お母さんになった人が赤ちゃん産まないとだめなんだよ。aru ♪ちゃんはおねえさんでしょう。」

(><;><;・・・どうもありがとうございます・・おねえさんだなんて・・・・)

「そうだね。赤ちゃん産んだんだよ。」というと

「え?何人?」

「ふたり」そこからは質問攻め・・・・・

「女の子?男の子?」「お父さんいるの?なんていう名前?」「こどもはなんていう名前なの?」
「何歳のこども?小さいの?」「本当に産んだの??」

私の思惑とははずれ、まるで、事情聴取のような会話になってしまいました・・・^^

失敗してもいいんだよ!というメッセージはちょっと伝わったのかなぁ?と思いながらも、またの機会を待つことにして、うちの子供たちの話を延々とした昼食の時間でした。www
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-06-18 21:22 | 保育園ねた!