たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カムジー先生のお話

カムジー先生ってご存知ですか?

昨日、リトミックの研修に参加しました。
仕事柄、リトミックの知識も必要で・・
もうすこし勉強しないと・・

と思っていたときに、研修の連絡が~(笑)

ラッキー♪
それも、我が家から歩いて3分のところ・・^^

「リトミック」とは・・
簡単に言うと、幼少期に行う音楽教育ですが、
音楽を体で感じることにより、
自然と体に入っていくんです。

決して教育ということばで表されるものではなく、
ごく自然に楽しくわくわくしながら行う活動♪


私は音楽全般大好きなので、リトミックも積極的に取り入れていました。

昨日は・・
午前中にリトミック研修、午後ゴスペルのレッスン、
夜は自宅でギターの練習・・と音楽三昧の一日で非常~~に癒されました(笑)


あ・・本題からずれてる・・^^;


カムジー先生は、幼稚園、保育園、小学校、中学校などに
リトミックの講師として講演に行ったり、
保育者や親御さん向けの講演などされている方ですが、
もともとミュージシャンなんですね。

フライパンをたたきながら登場する様子は
なんとも楽しい(笑)


その中でひとつ、本当にそうだな!と思った話・・

「今の子どもたちには、ゆとりがなさすぎる。
小学生の目が死んでいる。

それもそのはず・・
こどもたちが、ありをみつけたとする。

地面を長いこと眺めていて、みつけたお気に入りのあり。

せめてそのありが、えさを運んで巣穴に戻るまで
待ってあげてほしい。それがゆとりです。

そうすれば、こどもは満足する。

でも、今の親はそれが待てずに
早くしなさい。もう帰るわよ。と言う。

こどもたちはいつも欲求不満で
イライラするのも当たり前。

切れさせているのは、大人だ・・」


遊び心・・とてもタイセツだと思います。

こどもの興味、関心に付き合ってあげるゆとり・・

こどもの発見に
寄り添ってあげられる・・
そんな保育者でいたいものです。


そして・・
音楽は、表現・・

決して並ばせて教えればいいのではない・・


私たちも、リトミックを教えるために使うのではなく、
子どもたちが自分なりに楽しく表現するためのツールとして
保育の中に取り入れていきたい。

あ~!おもしろかった。
もっとやりたい~~~!

それが、乳幼児期のリトミックですよね。

初心に戻ったな~~~(笑)
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2009-02-08 21:36 | 一般ねた!
<< 免疫力と予防接種 うつぶせ寝と火災・・ >>