たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

食!第2弾!

食について知りたい方のために、
本の紹介です。(笑)

聞きたくない方は、読み飛ばしてくださいね。^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本(安倍司著:食卓の裏側)を なかなか、
読む機会に恵まれない方の為にも、
もう少し紹介しておきます。
先祖が口にすることのなかった添加物の山を毎日口にしているのですね。
国を信じて、メーカーを信じて、親を信じて 口にしている子ども達。
切れる子どもたち、病弱の子どもたち、食の環境が狂ってきている。これだけの添加物の摂取が無関係なわけがない。
そう、おとなだって…

醤油                          
本物の醤油は消えていくのか?
醤油は「大豆や小麦に 塩とこうじ」で職人が発酵菌と対話しながら、愛情を込めて、1年以上かけてつくるもの。

醤油風のまがい物??                  

「油を搾り取った大豆の搾りかす」を 「塩酸」で分解して
アミノ酸をつくる。(鳥の羽からつくるメーカーもある)
発酵菌に代えて 塩酸で処理するとは 何たること。

うまみは「グルタミン酸ナトリウム」で…
甘みは 「甘味料」で…
酸味は 「酸味料」で…
こくととろみは 増粘多糖類を数種類で…

着色は「カラメル色素」
日持ちをさせる「保存料」
香りづけに 本物の醤油を少々たらす。

今夜の献立が 添加物を一切 使わないはずの 手づくり煮物
と、お刺身なハズだったのに 
醤油のまがい物を使ったために 添加物の山を食べることに
なる。

世界に誇る発酵文化が壊れゆくのか???

ミリンよ、酢よ、料理酒よ、お前もか。
砂糖までも!!(ああ、三温糖とザラメのニセモノ裏切り者)

日本の食文化が壊れゆく。

安倍司著 「食品の裏側」より 東洋経済刊 1400円。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も、買ってみよう!と思いながら
まだ読んでいません(汗)

なんだか・・読んだら、食べ物が食べられなくなりそうな
気がするんです・・

でも、知らなくてはいけないと思います。

「知らなかった・・」では済まされないように思います。

どなたか読んでみた方がいましたら、
私に、感想をお聞かせください~~~(笑)
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2006-10-28 20:49 | 一般ねた!
<< 育てなおしを考える1 食について、考えませんか?^^ >>