たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

さばの塩焼きから考える(爆)

本当に、どれだけ、ご無沙汰してしまったのでしょう。
子育て術ぅ・・><;

忙しいからというのは言い訳にはなりませんよね。
ほんと・・ごめんなさい。

今日のタイトルおかしいですよね~!!(笑)

私は、夕飯の支度をしていました。
今日は、さばの塩焼き!それと、大根とたまごの煮物!ピーマンの炒め煮!
しぶいですね・・

それは、おいておいて・・

さばに塩を振っているときのことです。
私は、粗塩を手に取り、さばの両面を軽くこすっていました。

今は、体のことを考えて、海藻塩や粗塩などミネラルたっぷりなものを
使っていますが、以前、我が家はずっと食卓塩を使っていました。

食卓塩の手軽さは、便利ですよね。
そして、サラサラしていますから、ふりかけやすい。
容器をもって、ささっとふりかければいいんですから。

私も、そう思っていました。
魚を手にしなくていい。魚のにおいが手につかない。

そんなことをしているうちに、魚をさばかなくなっていました。

気づくと、手を汚さないように・・便利というものに
頼る生活になってきているようです。

今日、さばにしおをふりながら・・
「なるほど・・手を汚したくないわけね・・」とひとりつぶやく私^^

(ほんとに、つぶやいているんです。こわいですね~~^^;)

昔と比べて、便利になりました。

家でぬかみそを漬けなくても、おいしいぬかみそが売ってます。
私は、母のにおいと言えば、ぬかみそでした。

母の手はいつも、ぬかのにおいがしたものです。^^


公園でおかあさんたちがこう叫んでいるのが聞こえました。

「ほら!汚れるでしょう。そんなところに座らないの。
あ~、水たまりになんて入っちゃって~!!汚いでしょう」

ドロの手触り、土や水の感触。
そして、今日のさばの触感(笑)

どれも、気持ちの悪いものではありません。

さばなんて・・思わず「おいしくなぁれ~♪」なんて
言ってしまいますから・・(私だけ?><;)

おにぎりをラップで握る人もいますが、
私はやっぱり、手で握ったおにぎりが好きです。

これも、すべて手の力かな?と思います。

転んだときに、手を当てながら
「いたいのいたいのとんでいけ~」と言って上げる。

ふしぎと、とんでいったような気分になります。

口だけで「いたいのとんでけ~」というのとは違います。

おなかが痛いとき、手を当ててもらうと
暖かくて気持ちのいいことありませんか?

手当てということばは、こういうところから来ているのでしょうね。

そして、頭を撫でてあげる。
ほほを触ってあげる。

スキンシップも手袋をしていたら、半減でしょう。
いくら、科学が進歩しても、この人間の手の代わりをできるものは
ないのではないかと思います。

おなかがすいたなと思ったときに、
コンビニでおにぎりを買うよりは
お家で、塩おにぎりを作ってあげたほうが、おいしいような気がします。

手をかける。

それは、決して甘やかすのでも、なんでもやってあげるのでもなく
自分の手を使って与えることなのかなと思ったりします。

便利なもので済ましたら楽でしょう。
お金で解決したら、手は汚れないでしょう。

でも、こどもたちは、この手のぬくもりを求めているのかもしれないなと
今日、さばに塩をふりながら考えたのでした。(笑)

「お金かけるより、手間かけよう!!」
私の標語かもしれません。^^

みなさんは、どう感じますか?
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2006-03-12 20:52 | 一般ねた!
<< 手をかけるの謎!!^^ 注意力! >>