たぬきの子育て術ぅ★


「月とだんごとたぬき山」管理人「たま」です。googleから検索できます
by tuki-dango-tanuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

地域の力再生に向けて<最終号>ふぅ・・・

さて、みなさんお疲れ様でした♪

もう、飽きてきた頃だと思いますので、読み飛ばしていただいてもかまいません♪
とりあえず、最後、まとめさせていただきます!!!^^

5、昔の子育てのよさをもう一度見直そう!

昔の子育てと今の子育て、一体なにが違うのでしょう?

いろいろな方がいろんなことをおっしゃっていますが、その中で印象的に残ったことをいくつか書かせていただきますね。

① おんぶひもからバギーへ
② 子守唄からテレビへ
③ 布おむつから紙おむつへ
④ 兄弟から一人っ子へ


時代と共に、さまざまな変化がありますよね。

それは仕方のないことだと思いますし、今の方がよいことも!!沢山あると思います。

そこで、便利になると共に、なくなってしまった昔の子育てのいいところをピックアップしたいと思うんです。ここで言いたいのは、別に「おんぶひもを買わなくちゃいけない」とか「布おむつに換えなくっちゃいけない。」とかそういうことではなく、コミュニケーション能力が衰えているといわれている現代に必要なものが、ここにかくされているような気がするんです。

全部説明するとなが~~~~~くなりますので、ひとつに絞りますね♪
(あれ?だめですか?・・・・もし他のものについても興味がある場合は、コメントいただけますか?みなさん興味がないと悪いので・・・・・)

じゃ、「布おむつから紙おむつへ」にしてみましょう♪

今のご家庭のほとんどが紙おむつではないでしょうか。


ちなみに、私は布おむつで育てました。
でも、紙おむつも併用していました。
外出時や尿量の多い睡眠中など・・・とても紙おむつは便利で助かりました。

新生児の間、ちょこちょこと排尿しますね。
布おむつの場合、そのたびに換えなくてはなりません。

面倒くさいと思いながらも「あらあら、またぬれちゃって~気持ち悪いね~今換えようね~」なんていいながら換えるわけです♪

しかし、紙おむつの場合、少量だと換えなくてすみます。

「まだ大丈夫ね。」となり、2時間くらいはそのままにしておくと思います。

まず、ここでかける言葉の数が変わります。
そして、スキンシップの回数も変わります。

紙おむつの場合に「あらあら、こんなにたくさんでて気持ち悪かったね~」とどれだけの人が声をかけるでしょうか?今の紙おむつはさらっとしています。こどもも不快感を感じません。

おむつかぶれも少ないかもしれませんが、その分、泣いて訴えるという子供からのメッセージも減ります。

おなかが空いたから泣く!おしっこがでて気持ちが悪いからなく!という
方法で親とコミュニケーションをとるはずのおむつが気持ち悪くないのです。

今、おむつからパンツへの移行が大変遅くなっています。

年少さんでもまだオムツと言う子が少なくなくなっています。

別に紙おむつにしても気持ち悪くないんですから、トイレにいく必要がないわけです。

こどもがおしっこをする。→泣いて訴える→お母さんが語りながら換える→気持ちよくなる
→気持ち悪かったらこうやって泣けばいいんだなとこどもは学習する→おかあさんのことばと声を少しずつ覚え、ことばを獲得していく。→おかあさんのぬくもりと声による安心感を感じる

(こんな感じでしょうか???あ~違ったらすみません・・・・)


乳児のうちは、親と一緒にいることの安心感!信頼感を獲得する時期です。

別に、今おしっこしたわけじゃないのに、遊びの途中でいきなり紙おむつ換えられても実感が湧かないわけです。こどもが「きもちわるい~」という。お母さんがそれに応える!というキャッチボールがコミュニケーションに一番大切なものだと思うんです。

また、布おむつの場合、排尿したタイミングがわかりやすいんです。
なので、このごろ排尿の間隔があいてきたね~!!
そろそろ、パンツもつかおうか~♪となるわけです。

紙の場合は、いつ排尿したのかわからないので、難しいですよね。


そこで、紙おむつでのコミュニケーションのとり方!

布の場合より、会話が少なくなるという事を頭にいれておけば
しっかりとコミュニケーションをとろうと努力できると思います。

今までよりも少し頻繁におむつをみてあげて、
そのたびに、「あ~、気持ち悪かったね~。おしっこたくさんでたね~」
「ほら!かえたらきもちいいね~♪」なんていいながら少し足をマッサージしてあげてください。

それだけでもすごく違うと思います。(多分!)

そして、こどものささやかな信号をキャッチしてあげてください。

あ!今ぷるっとふるえたぞ~!おしっこでたのかな?なんて感じでしょうか。
紙おむつだからそのままでいいや!ではなくタイミングよく声をかけることで
パンツへの移行もスムーズになります。

紙おむつになって楽だ!と思われると思いますが、楽をすると後々大変なんです。

子育ては楽なものではありません。

でも、手間をかけた分だけ、後々楽です!!!

紙おむつのみなさん!!たくさん、声を掛けてあげてくださいね~~~♪

こんな感じですが、いかがでしょうか?
今の世の中に地域力の再生は必須だと私は思います。

もし、ご意見等ありましたら、ぜひお願いします!!!

長いこと、この話題でひっぱりました。
おつきあいいただき、ありがとうございました!!!
[PR]
by tuki-dango-tanuki | 2005-09-25 16:59 | 保育園ねた!
<< 弟・妹への嫉妬!対策 地域の力再生に向けて<パート4... >>